So-net無料ブログ作成
検索選択

映画 真田十勇士 [映画]

昔、学研の猿飛佐助のマンガがありそこで真田幸村の存在を知り、好きな武将となりました。
でものちに、猿飛佐助も真田十勇士も架空の話と知りショック
自分の中ではマイナーな武将とばかり思っていたのですが、
のちに戦国無双とかで伊達政宗と並ぶほどの人気武将と知りました
それから池上正太郎の真田太平記を見てますますハマりました
真田幸村に関してはあまり資料が残っていないのでその大半が創作らしいのですが、
それでもオリジナルキャラクターでもあるお江や又五郎、角兵衛や佐平次など魅力的なキャラクターが多いんですよね
そして2016年、NHK大河ドラマ「真田丸」がはじまります。
当初は三谷幸喜作品という事で迷っていたのですが、実際観てみると堅実な作りでハマってしまいました
真田太平記とはまた違う魅力があり
そして2016年秋、映画「真田十勇士」が公開されました。
自分はあまり活劇が好きな方ではないので、当初観る予定はなかったのですが監督が堤監督と知り見に行く事にしました
やっぱりTRICKが好きで、当時裏番組の事を習字の習い事のシーンで子供たちに「何度目だナウシカ」と書かせるというという小ネタを仕込んできたのでそれ以来ちょっと期待してしまうのです



To be continued・・・


タグ:映画
nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

呪 ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 実写映画化 [映画]

すでにご存じの方も多いかもしれませんが、
ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 実写映画
春先に一度そういう話を聞き、その時は本当に実写化されるのだろうか?と半信半疑だった。
話は浮かんでは消え浮かんでは消え、結局立ち消えになったという映画も数多くある。
ひょっとしたらこれもそういうパターンで終わるのではないかと思ってた。
そんな話もすっかり忘れていた頃・・・
9月28日にジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章 実写映画化と発表された。
オデ、ただでさえそんなにマンガとかアニメとか観る方じゃないのに、他にもいっぱいタイトルあるのに何でよりによってジョジョ?しかもオデの一番好きな第四部?

To be continued・・・


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

グランド・イリュージョン 見破られたトリック [映画]

説明いらずかもしれませんが、グランド・イリュージョンの続編ですね。
前も思ったんですけど、原題のNOW YOU SEE MEの方が映画の内容に合っていると思うんですけどね。
日本だとあまりキャッチーじゃないのかな~

To be continued・・・


タグ:映画
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

レッドビッキーズ [映画]

昨日のエントリとか、自分で書いたものを見ると改めて痛々しいね。

何を書こうかとまとめ切れてないし、言ってる事も重複してたりしてくどい。

好き過ぎるものほど、なんかこううまく書けなくなっちゃうよね。

そんな理由で、自分の書いたものってなかなか読み返す事ができない。

そんなこんなで、ここんところ続いた映画ネタで。



今この時期ってたまたまなのか、ちょっと大作感の映画がちらほら出揃ってたりしますよね。洋画とか。

でもそんな中、ぱっと目についたのが今流行りのメディアごり押しの野球映画。

そう、ご存知、レッドビッキーズね。

あんだけテレビでさ、どこチャンネルひねっても出た押しててさ、番宣とかされたら、やればやるほど観る気失せるよね。

もともと野球映画っていう時点で観る気しないけどさ。

もともと観る気もない人間にとってはもう、勘弁してくれと思う。

逆にあれだけ番宣しててさ、じゃあ観ようなんて人いるのかな。

でも実際、そう思っててさ、結局今週の興行成績一位とかとってたりするんだよね。普通に。

逆に、あーそういうもんかと思っちゃうね。日本人ってそうなんだって思っちゃう。

それでさ、大作映画の中に、そういった映画の宣伝用のポップがあるわけ。

あのレッドビッキーズおなじみの面々が並んだやつなんだけど。

完全に浮いてるよね。他のと比べても。

同じ邦画とかでもさ、なんかいい感じの作品とか普通にあるのに、なんかそのレッドビッキーズの自己主張がやたら安っぽく見えちゃうのよね。

これで感動してください!みたいな、暑苦しさっていうのかな。

映画館にある、いろいろな映画の余韻に浸りたいのに、なんか邪魔してるんだよね~そこが…

それでちょっと映画の映像とかもちょこちょこっと流れてたりするのよね。

そこで、ぴったしカンカン風に言えば「夢にチョメチョメ、明日にホニャララ」とかいう決めセリフがあるらしいのよ。

なんだかそれ聞いた時、血の気がさーっと引いたね。そのコピー何なのと思って。

もちろんそのセリフまでには、いろんな要素があって、いろんなくだりがあってそこに行き着くと思うのね。

でもさ、よしんばそれまで面白かったとしても、そのセリフ聞いたとたんなんか冷めちゃうよね。

自分はよく知らなかったんだけど、どうもこれって漫画が原作らしいのよ。

なんかヤンキー漫画みたいの。

もともとヤンキーマンガとか興味ないからさ、余計に見ないっていうのね。

当時、ビーバップハイスクールが流行ってた時、周りの人とかみんな読んでたけど、全然興味なかったもんね。

なんかヤンキーの美学みたいのが、さっぱりわからないのよね。

よしんばヤンキーが更正した話だったとしても、それって結局普通の人になっただけっていう事でしょ。

じゃあ、世の中の大半の普通の人は何なのと思うんですよ。

所詮ね、自分なんかね海外で言えば、ギークみたいなもんですよ。おそらく。

だからなんかそういうのが全然理解できないんですよね~…

でもこんな事言ってても、いざ実際観てみたら、おもしれー!サイコー!とか言ってたりして…w

何を勘違いされてるか知りませんが、自分はあくまでレッドビッキーズの事を言ってるんですよ。

ルーキーズ?知りませんな~…


ウェイキング・ライフ [映画]

今更ながら、ウェイキング・ライフ観ました。


2000年くらいの映画なんですかね。


当時、テレビでちらっと紹介されてたのを観て、その映像が印象的でなんじゃこりゃ!と思ったのを覚えています。


どんな内容なのかつかみかねそうな感じなのに、そのビジュアルインパクトだけが残っていました。


のちにテレビとかで話題に上った記憶もなく、そのうち自分の中での記憶からも消えうせてしまっていました。


最近何かのふとしたきっかけでこのタイトルを思い出して、そういえばこれ観てなかったけどどんな内容だったのだろうと思い観てみました。


やっぱり印象通り、どんな感じがつかみかねる映画でしたね。


これアニメの映画なんですけど、実写で撮ったのをその上からアニメでトレースしたような感じになってます。


なので動きが非常にリアルですね。


そしてこの映画は、いくつものシーンに分かれているのですが、そのシーンごとに違うタッチで描かれているのが非常に凝っているなと。


シーンごとに出てくる登場人物が代わってくるのですが、その話の内容に合った絵のタッチになってたりするんですよね。


とりあえず、最初の30分ぐらいは結局どういった映画なのかつかみかねます。


哲学的な話が、登場人物が入れ替わり立ち代り延々としゃべっているんですね。


あれ?さっきのは何だったの?と内容もあまり把握できずどんどん展開していきます。


で、途中からあーこれは夢なんだと理解していくわけですね。


いろんな人たちの、時やら人やら夢やら意識やら神やらと言った哲学や概念を聞かされる。


その内容は、人によって全く違うのだけれど、共感できるものもあれば全く承服いかねると言った内容のものもある。これは観る人によって全く違ってくるのだろうけど。


哲学って嫌いじゃないのだけど、神とか持ち出してくると急激に冷めてくるんですよね。


たぶん自分がガチガチの無神論者だからじゃないかな~と。ある種の神アレルギーだと思います。


なんか観終わった後も、ぼんやりと夢から覚めないような感じ。あらゆる事に神を持ち出すと、言ってる内容がとたんに安っぽくなってしまうような気がして。


あくまで概念として語っているだけなのかな。


その中で、主人公がいかにして夢覚めやらぬ状態から脱するのかという展開になっていく。


答えを模索するもなかなか回答は得られず。


人はどこから来て、どこへ行き着くのかと言った哲学の根本的な内容を模索していくような映画なのかなと思います。


いろんな意味ですっきりしませんw


ただ夢の中での出来事のようなおぼろげな感じが非常にうまく出ていると思います。


なんかフワフワしてますね。


でも実際自分も、朝がめっぽう弱いので、何度も起きても目覚めない夢っていうのはあるな~・・・


まず起きてベットから出て階段降りて・・・そしてまた夢から覚める。そしてまたベットから出て階段降りて出かける支度をしていると・・・実はそれまた夢で・・・っていうのが、7、8回繰り返しちゃうような。


ウェイキング・ライフにあるように、何度も繰り返していると、あーこれ夢なんだなって自覚しちゃう事はありますよね。


そしていい加減にしてくれと思う。


少林少女 [映画]

昨日やってた「少林少女」なんですが・・・


一応、カンフー(以下クンフー)映画好きだから、もしあれなら内容次第でDVDに保存しとこうと録画してたんですよね。


でも実際、前評判通り、これがま~つまらない。


あんまり映画の事悪く言いたくないけど、途中で寝てしまいました。


撮ったのを一応、最後まで流して観ました。


たいてい前評判とか評価でもつまらない映画とかあっても、自分的にはなんかハマってる映画ってあるので、一応観てみようとは思ったんですけどね。


あいにくこの映画に限ってはその例に当てはまらなかったようです。


でもよくよく考えてみると、一般的にヒットした少林サッカーも踊る大捜査線も、個人的にはあんまりどっちも面白くなかったんですよね。


だからその双方の製作人が作った映画と言われても、やっぱりダメだったっていうのが自然の流れかもしれませんね。


いいものといいものが合わさってダメな例もあるけど、ダメなのとダメなの合わさってもいい結果を生むっていう例はあんまりこれまでになかったし・・・


しいて言うならば、最後の学校の格闘のところだけでもよかったんじゃないかな~と。


なんか他の場面が全てにおいて蛇足に思える。


主人公の人と、中国人留学生の人、そしてその他大勢になってる。


ラクロス部員の意味があまりない。


せっかく日本の俳優人はめちゃめちゃ豪華なのに、なんだかもったいないですね。


とにかくお金をかけましたっていうのだけは伝わったんですけど。


最後の学校の塔?みたいなところで闘うところは、鏡の場面がちらっと出てきたり、塔に登って敵を倒していくみたいのが、燃えよドラゴンだったり、死亡遊戯ったり、そのへんのオマージュ?っていうのかな、のが若干ちりばめられたりして。


香港映画詳しい人なら、もっといろいろわかったのかな。


あとこれは仕方ない事なのかもしれないけど、途中で出てくる中国人俳優のなまりかな。


いくらなんでもこれはなんとかならなかったのかな~と思って。


吹き替えにするわけにもいかないというのもわかるんだけど。


途中で割って入ってくるとあまりの訛りに、会話の流れが途中でボッキリ折れてるような気がするんですよね。


それでテンポがものすごく悪くなってる気がします。


一概に訛りが悪いって事じゃないんですけど、自然な会話の中じゃなくて、ただそのセリフを言わされている感がとても強くて。


だからしゃべるだすと、突如として我に返っちゃう感じがしちゃうんですよね。


そして何と言っても最後の極めつけ。


最後、仲村トオルとの最後の格闘シーンですね。


愕然ですね。なんだそりゃという感じです。


せっかくいい感じで格闘シーンで来てたのに、CG無駄に多用しまくりでなんか普通に空飛んでたり、後光がさしたりと意味不明です。


最後の格闘シーンは、せっかく水辺でのシーンとなっているのに、水に落ちても全然濡れてる感がない。


なんか着ている服も、妙に乾いたままで小奇麗なんですよね。


ちょっとCGに安易に頼りすぎだったんじゃないかな。


水くらい本物使えばいいじゃんって思うんだけど・・・


この映画通してみてても、言ってる内容がへ~とか、なるほどとか思う部分が全くないんですよね。


なんというか説教こいてるんだけど、上滑りというか中身が何も伴ってないというか・・・


心だとか、チームワークだとか、漠然とした精神論をだらだら述べるだけで、昭和のスポコンものでももうちょっとマシな事言ってたと思います。


あえて言うのであれば、この映画ならではと言ったものは何もありません。


どこかで観たようなものをただかき集めただけ。


いや、誰でも楽しめるようにエンターテイメントに徹したっていうのは、よくわかるんですけどね。ただそれにしても、あまりにもあまりな内容だと思ったので。


こういうめちゃくちゃぶりは子供が喜ぶだろうなと思ってやってるんだけど、さすがに子供でもこの映画が楽しめるかどうかはちょっと疑問です。


たぶん自分が子供の時だったとしても、やっぱりつらい内容だと思うな。


子供だってそこまで馬鹿じゃないでしょうと思うんですけどね。


普段あんまり辛らつな事や辛口な事は言わないつもりなのだけど、今回ばっかりはね。


たまには堪忍という事で。


この映画を観て思った事は、改めてジェット・リーってすげーなって事です。


ローグアサシン [映画]

自分内ルールで、なんとか最低月イチくらいで綴っていこうと思ったけれど
禁じ手に近い先に記事だけ登録して後から内容を書くというコスイ事をしてしまった。
別に書くのが面倒になったとか、面倒くさくなった、面倒くさくなってきたとか、そんなのじゃないですよ・・・決して・・・
断じて・・・断じて!!!!!

先日、久々に試写会に当たりました。

ジェイソン・ステイサム、ジェット・リー主演「ローグアサシン」です。
ダニー・ザ・ドッグもトランスポーターも好きだったのですが、あらすじを読む限り正直なところあんまり期待してませんでした。
でも最後まで観てみるとちゃんとオチがあって面白かったですね。
最初の方でローグぼかしてたのも、そのへんなのかな~という。
だけどジェット・リーはどうしてもジェット・リーにしか見えず、自分としてはちょっと無理がある感じも・・・。
あんまり言っちゃうとネタバレなんでアレなんですが。
ひらたく言うと、チャイニーズ・マフィアジャパニーズ・ヤクザの抗争で暗躍する伝説の殺し屋ローグ。
ジェイソン演じるFBI捜査官のその相棒である刑事が、ローグの手によって殺されてしまいます。
そして殺し屋ローグに復讐を誓うのですが・・・
海外でよくある日本の描写なんですが、日本人の自分からするとやっぱりどうしても滑稽に映ってしまいます。
監督や演出の人も、あんまり詳しくない事は深く描写しない方が荒が見えなくていいと思うんだけど・・・。
刑事役のジェイソン・ステイサムがヤクザに日本語で尋問するシーンがあるのですが、あまりの訛りに会場ではちょっと笑いどころになっていました。
日本人ヤクザ役として、石橋凌、デヴォン青木、ケイン・コスギらも出演されてます。
でも毎度の事ながら、試写会ってものすごい並ぶので結構億劫。
当たった時の喜びはあるのだけど、その反面ちょっと複雑な気分。

世は今やネットではどこを見てもそこかしこに動画が溢れている。
そんなわけで、自分も試しにテストアップしてみた。

特に動画がなかったので、アウトラン2SPをアップしてみる。
星空のコースがお好みなので、なんとかDコースを狙ってみる。
なんとかゴールはしたものの、あんまり画質はよくない。
次はもうちょっとマシにしてみる。

SCEJ、40GB HDDを搭載した新PS3発売決定 従来モデルは約5,000円の値下げ 「DUALSHOCK 3」も11月11日発売
プレイステーション 2」専用ソフトウェアとの互換性は削除されている。
削除されている。削除されている・・・
個人的にこれは結構痛い。
下位機種の互換は、他ハードとは違う大きなアドバンテージだと思うんですけどね。
ハードはいちいちつけかえるの面倒だから、いくつも置いておきたくもないし。
オールインワン的なところがよかったのだけど。
互換可能な20MB版、60MB版はこれまで通り販売していくという事だけれど、こういうものが出たという事はじょじょにこっちの方にシフトしていきそうで怖い。
PS2HDD内蔵版が発売された時も、FFと信長くらいしかやるものがなく事実上あってないようなものだったし。
あと最近コントローラーはワイヤレスが当たり前みたいなんだけど、ワイヤレスってそんなにいいですかね。
電池だったら換えなきゃいけないし、充電池だったらじょじょに減っていく。
そして何よりその分、重くなる。
コードをなくすほどの利便性は感じないのだけれど、そう思うのは自分だけだろうか。
PS3で発売されるソフトのタイトルのそのほとんどがXbox360でも発売されるタイトルが多いので、最近360の方がよさげに見えてきた。
あれだけ高いマシンスペックを誇りながら、何でメモリが少なめなんでしょうか・・・

SCEJ、「PLAYSTATION Store」がPCでも利用可能に! PSP専用コンテンツをPC経由でダウンロード
これまでPS3を通さなければ購入できなかった、過去のPSソフトがPS3なくしても購入できるようになったのはいいですね。
いかんせんまだタイトルが出揃ってないように思えるので、まだまだこれからだとは思うのだけど。。
そもそもPSでほしいと思えるようなソフトはだいたい購入してしまってる。
でも価格が結構安いので、ちょっとやってみたいな~くらいに思ってるようなソフトでも気軽にできるのはよさげ。

エバークエスト2のマイキャラ、MONKのDorioのキャラクターイラストをDelmさんにいただきました。

なかなかこういう機会はないので、非常に有り難しです。
実際のキャラクターと比べてやわらかい感じでいい風に描いてくれてます。多謝。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

スパイダーマン3 [映画]

スパイダーマン3、観に行ってまいりました。
映画館まで足を運んだのは、久しぶりかな。
試写会、送ってるんですけどなかなか当たらないですな。
いつも映画と言えば、クレープにコーラが楽しみのひとつではあったんですけど、
自分のいったシネマフロンティア(シネフロ)には、残念ながらクレープはありませんでフライドポテト&コーラという組み合わせになりました。
いつも思うんですけど、こういうの買っても待ち時間が意外に長くて映画はじまる頃には、全部なくなってたり。
映画の方はというと、純粋に楽しかったですね。
アメリカンヒーローものってほとんど観ないんですけど、これだけは観ちゃますね。
でも、個人的には1が一番よかったかな~と。
せつないENDだったので。

仕事の方はと言えば、体調思わしくなく休みがちで会社に悪いので心ならずも志半ばで辞めてしまいました。
それでもってまた、以前いたところにお世話になる事になりました。
ま~人生こんなもんよね、と。
それでもまだ一応、もう少しけっぱってみようかなと。


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

妖怪占い [映画]

一番☆さんのところで妖怪占いなるものがあったので、さっそく自分もやってみました。
占いとか全然信じないんだけど、この手のはちょっとやってみたくなってしまうんですよね。
でもだいたいあんまり当たってない事の方が多い気がするんですけどね。

妖怪はもうひとつのあなたの姿。あなたの妖怪を占おう。
映画「ゲゲゲの鬼太郎」特集公開中!

ちなみに自分は、ぬりかべでした。
哲学者=役立たず
のろま、役立たずみたいな短所は当たってる気がしますね。

そういえばちなみに、昔流行った動物占いの時は、狼でした。
だからなんだっていう話なんですけど。


nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(1) 
共通テーマ:占い

ミリオンダラー・ベイビー(プチネタバレ含む) [映画]

前々から、観たいな~と思っていた映画がありました。
それは、タイトルにもあるようにミリオンダラー・ベイビーです。
でも知らなかったのですが、これってアカデミー賞をとった作品だったんですね。
自分は単純に、モーガン・フリーマンが出ているというだけで興味があったのですが。
だけど観ていて思うんですけど、モーガン・フリーマンの役どころって、絶対裕福で幸せで権力があるような役はやらないですね。
でもそれが、ハマり役でもあり哀愁がありせつないのですが。
書くまでもないかもしれないですが、クリントイーストウッド監督・主演です。
ダーティーハリーのイメージがものすごく強かったので、こういう映画を撮るというのがものすごい意外でした。
正直、ロッキーのような無名の女性ボクサーがチャンピオンになるまでの栄光を勝ち取るまでのアメリカンドリームを描いたサクセスストーリーばかりだと思ってたんですよね。
だから、正直内容に関してはそんなに期待してなかったんです。
ところがですよ。
確かに、途中まではそうでした。
ところが一転・・・
自分は悲観的でネガティブな性格ですが、そんな自分ですらこんなのアリかって思うラストシーンでした。
それゆえに、自分の中での評価が一気に高まりましたね。
アメリカ人って割りとハッピーエンドが好きな人たちだと思ってたのに、この映画がアカデミー賞を獲ったというのが意外でした。
個人的には、久々に心に残る一本でした。
せつなすぎます。ギリギリ泣きそうになります。救いがないです。
でもそれもまた人生。

ミリオンダラー・ベイビー

ミリオンダラー・ベイビー

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2005/10/28
  • メディア: DVD

恒例のYahoo!ニュースから、ケヌナルニュース。

飯島愛4・1「サンデージャポン」で引退番組
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070327-00000063-sph-ent
個人的には、あんまりこの人好きじゃないんですよね~。
権力のある人にはコビコビだけど、全く売れてないような芸人に対してはゴミクズ同然の扱い。
というような話をよく聞くんですよね。
ゴシップに振り回されすぎなんでしょうか。
なんかこの人に限らず、人を見るタイプの人ってなんかイヤなんですよね。
自分は誰であれ、対等に接していきたいから。
所詮は、理想論かもしれませんけどね。
個人的にはどうでもいいニュースなんですが(じゃー載せるなっていうのね)、サンデージャポンってなんか観ちゃうんですよね。
テレビ版東スポというか。
日曜の朝はこれではじまると言っても過言ではありません。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。