So-net無料ブログ作成
検索選択

PlayStation祭 2016秋 IN 札幌 [PlayStation]

完全なオサボリ
明日できる事は明日やる派
書き出すと眠くなる不思議

タイトルにある通り行ってきました。PlayStation[レジスタードトレードマーク]祭 2016秋 IN 札幌
ギリギリまで行こうかどうしようか迷っていたんだけど。
以前はプレイした数だけスタンプが貰えて、それによってなんか貰える~みたいのがなかったので、
今年はやりたいものだけやって帰れるなと。

DSC_01366.jpg

ピヨピヨピヨ
チュンチュンチュン

今年の出展タイトルの中では
New みんなのGOLF
ドラゴンボール ゼノバース2
龍が如く6 命の詩。
ファイナルファンタジーXV

PSVRでは
DRIVECLUB VR
ができればいいな~くらいを目安に。

DSC_01361.jpg

のっけからNew みんなのGOLF
全シリーズは持っていないけど、割とやっていたり。
ゴルフやらない人でも普通に楽しめる定番ソフトですね。
そのみんなのGOLFがオンラインに・・・と言いますか、これまでもオンラインはあったんですけど
オンラインがデフォになるのかな。
基本的にはこれまでと変わらないみんなのGOLFなのですが、コースを自由に歩けるようになりました。
あとカートに乗って移動したり泳いだり話によると一応釣りもできるみたいです。
やった事ないけどWiiのGO!バケーションってこんな感じなんでしょうか。
みんなのシリーズは、みんなのテニスが好きなのでどうせならテニスもできるようにしてほしかったな~。
ただオンラインがデフォとなると単純にSIEのソフトのサーバーは長く続かないから怖い。
次のソフト出たらすぐにサービス終了するから安心できない。

試遊プレイは、4対4で赤チームと青チームに分かれ制限時間内に3ホールを回って(何度でも)スコアのいい方が勝ちみたいなルールでした。
これまでのみんゴルより自由度が増した感じでいいですね。
チーム戦は引き分けに終わりました。
初見でやった割に接戦で良かったんじゃないでしょうか。
自分のスコアは、ボギーバーディバーディパーという結果だったのですが、トータル5位でした。
経験者が多いのか参加した人はうまいな~。
そして何よりNew みんなのGOLF参加した人は、New みんなのGOLF発売後に使用できる実際にイベントでアテンドスタッフが着ていたアテンドスタッフコスチュームが貰えました。
dam-newmingol-tgs2016-checkin-ss.jpg
これがPlayStation祭 2016秋に参加した一番の目的と言ってもいいかもしれない。
でもこのアバターが使えるわけじゃなく、コスチュームという事はあくまで自分のアバターが着るコスチュームという事なのかな。
となると女性キャラじゃないと意味ないような・・・実際どうなるかわかりませんが。

次に龍が如く6が待ち時間40分、FFXV定員オーバーで並べず、ドラゴンボール ゼノバース2が20分とあったので次はドラゴンボール ゼノバース2。
以前オープンβテストでやったから並んでまでここでやる意味あるのかな~と思ったのですが、試遊の内容はβテストの時とは違ったみたいなので一応。
あと並んでいる間に他の待ち時間が変わっているかもしれないしという希望で。
制限時間内に何度でもプレイ可。
あんまり覚えていないけど、青年トランクス、タイムパトロールサイヤ人。タイムパトロールフリーザ一族。でやったような。
試遊プレイは戦闘しかできず。ゼノバースのだいご味はトータルにあると思うのだけど、戦闘だけでも楽しめました。

龍が如く6、FFXVはあまり状況変わらず。
一度PSVRの会場に行ってみる。
PS4の出展会場とは別の離れた場所にあるのでわかりにくい。
行ってみるとDRIVECLUB VRどころか全てのVRタイトルの受付が休止中。
Plus会員による事前登録のみ参加できるとの事。
何それ。
あんまり下調べしていなかったから全然知らなかった。
仕方なく戻って様子を見てみる。
戻ってみると、FFXVが並べるようになっていた。待ち時間は40分と書いてあったけど並べるようになっただけマシと思い並ぶ事に。
FFXVはそこまで思い入れはないのだけど、せっかく来たからにはFFXVやっておこうと。
でもそれが地獄の始まりだったんだな・・・単純に人気タイトルだからと言って軽い気持ちで並んだ事が。
何でもPlus会員は、列に優先的に並べるらしく後から来ても公式に横入りされるシステム。
なので40分という目安は何のあてにもならず。
後からどれだけ来るかわからないので、優先的に入って来るとどれだけ待つかわからないという地獄の入り口だったのです。
ここに来てPlus入っていない事がこんなに響くなんて、行く前に入っておけば良かったと後悔。
ただこの日のためだけに入るなんてな~と思ったのが間違い。
次こそは自分の番、次こそは自分の番と思っているとその都度優先的に入って来る。
いつできるという何の確証もないので気が遠くなる。
いっその事諦めるという選択肢もあったのだけど、ここまで並んだらもう絶対やるまで諦めないと意固地に。
もし予めこんなに待つと知っていたら絶対並ばなかったのに。

並んでいる途中で、ステージ上ではNew みんなのGOLFのイベントが。
New みんなのGOLFに参加した時に全員にイベント参加の抽選券が貰える模様。
いざイベントがはじまり参加者の抽選がはじまると・・・案の定そういう時に限って自分の番号が呼ばれる。
もちろんここまで並んだので参加するわけもなく。
でもよくよく考えてみると、そんな壇上に上がって目立つ事はしたくないわけで
どのみち並んでなかったとしても参加する事はなかったのだから、気にする事はないと言い聞かせ。

そしてなんかFFXVの列の進みが遅いな~と思ったら、一人のプレイ時間が20分!
いや、いくらRPGとは言えそれ長すぎでしょ。
他のタイトルがだいたい平均して10分なのに対して。
むしろ人気タイトルならサイクル早めるために時間短めにするんじゃないの?と。
試遊時間決めた人はどうかしている。

そして待つ事一時間半以上、もう誰も来ないでくれ~と祈りつつ、ようやく自分の番に。
結構ガッツリとしたムービー。
スキップすればいいのだろうけど、自分はそういうのガッツリ観ちゃう方。
そんなに興味なくても、ひょっとしたら面白いのかもしれない!という一部の望みをかけてたいていは観てしまう。
でも単純にこんなにムービー入れなければもっとタイトに試遊時間も短くできたんじゃないの?と思ったり。
海外のゲームでもないとは言わないけど、基本的に日本のゲームって強制的にムービー観せられるゲーム多過ぎ。
オデはムービーが観たいんじゃなくてゲームがしたいのに。

そしてFFXVで気に食わないのはキャラクターデザイン。
基本的に野村デザインのキャラクターは好きでないので。
同じFFなら吉田デザインが好きなのです。
なのでFFXIIはデザインもゲームシステムもサイコーなんだけど。最後までやってないのでストーリーは知らない。
一応ノクティス王子というのが主人公なんだけど、とりあえず前髪を切れ!と。
そんなんで戦えんのかと。敵と戦ってる最中、前髪が目に入ったらどうすんのじゃと。
君がわしの弟子やったらパンパンやで。パンパン([コピーライト]オール巨人)
それにボンテージみたいなその恰好。
砂漠でなんちゅう格好をしとんのじゃと。砂漠なめんな!と。
そしたら前の人のプレイで気づいたのですが、コスチュームは変えられるんですね~
どうせただの試遊なのに気になってしまいパーティー全員のコスチュームをカジュアルな衣装に。
せっかくゲームは面白そうなのにと思っていたので、コスチューム変更できるのはちょっと救い。

そして再び龍が如く6の試遊コーナーに移動。
待ち時間40分と相変わらず。
全然並んでいないように見えるのに、本当に40分かかるの?と思い。
どのみち龍が如くはやるつもりだったので並ぶ事に。
先ほどのFFXVの事があるせいか、体感全然待った気がせず。
実質20分くらいだったんじゃないだろうか。
試遊では尾道編と神室町が選べるらしく、前の人のプレイで散々尾道のプレイを観ていたにも関わらず
結局自分も尾道編をプレイ。
尾道は広島県ですけど、ちょっと岡山県は憧れていまして。
基本的に日本のどこに住みたい?と言われたら名古屋か岡山県か宮崎県と思っているので。
太平洋に面していて比較的暖かいところとか、瀬戸内海に面しているとかそういった理由で。
あんまり田舎過ぎてもツライのだけど。
そんなわけでゲームの中とは言え、尾道を歩いてみたかったので。
いや、歩いてみたかったじゃけんのぉワレ!
夕暮れの中、尾道をひた歩き。
真木よう子似の人と、宮迫博之似の人が出てきて、なんやかんやあってプレイ終了。
ようやく一通りプレイしたいタイトルが終わりました。
最後にもう一度PSVRの試遊コーナーに行ったものの何も変わらずVRは諦めて帰る事にしました。
しんどかった。
Plus会員がこれほど優遇されているとは思わなかったので。
もし来年があるなら次は絶対入ってから行く。もしくは行かない。

DSC_01370.jpg
おしまい











ブロトピ:今日のゲーム情報

nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 16

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。