So-net無料ブログ作成
検索選択

ホワイトカラー ファイナルシーズン [海外ドラマ]

Dlifeにてシーズン6まで続いたホワイトカラーが先日終わってしまいました。
天才詐欺師のニールとFBI捜査官のピーターが協力して知的犯罪捜査に挑むバディものです。
もともと詐欺師だったニールはピーターに逮捕され刑期と引き換えにFBIに協力する事で
知的犯罪捜査のコンサルタントとして仮の自由を与えられる事に。
警察に協力するコンサルタントという設定ではキャッスルやメンタリストに近いものがありますが
他のミステリーと違い殺人事件の捜査ではなく基本的に詐欺や窃盗に絡む事件が多いのでほとんど人が死ぬような事はありません。
ただニールというキャラクターがちょっとチート過ぎるような気がします。
イケメンで簡単に男女問わず懐柔して利用したりスリの技術もあり、難解なセキュリティや金庫を破る事ができ、ワインにも精通していて骨董や美術品の知識も豊富で贋作もできる。
もちろんモジーという協力者もいるのだけど、いくらなんでもニール一人で万能過ぎるしょうと。
まードラマだからと言えばそれまでなんですけど・・・





(以下ネタバレ)
シーズン1でケイトは飛行機ごと爆破されてしまいましたが、実は死を偽装するために仕掛けられていて実際彼女は生きていると思っていました。
でももともとはそういう想定だったけど失敗してしまい本当に死んでしまったんだな~と。
その後も出て来ないですし。ちょっと拍子抜けでした。

ニールとピーターはルパンと銭形がコンビを組むようで面白いのですが、
FBIに協力していく中でピーターと接するうちにニールは善行に目覚めていくのかと思いました。
時には捜査のために他人を利用する事に心を痛めたり、計画には死人を出さないなど
良心はあり彼自身は善人だと思うのですが状況がそうさせない展開が多いな~と。
犠牲を出さないために止む負えずピーターに隠し事をしたり。
ピーターに隠し事をするのは握手の裏で舌を出しているようで。
でもやっぱり泥棒は泥棒じゃあんまりだな~と。
なのでそう言った意味では、シーズン4~5はあまり好きじゃないかも。

ファイナルシーズンでハイテク企業からファイルを盗み出すために利用したエイミー。
ニールの新たなヒロインになるのかと思いきや、結局騙された事を知り怒りと失望で田舎に帰ってしまったというのも後味悪かったです。
ファイナルシーズンではニールのオヤジさんは再び出てくるかと思ったのですが
ニールを裏切ったまま結局出てくる事はありませんでした。

そして最終話、ニールが死ぬわけないと思って観ていたのですが、
だとすればどうやって?とずっと思っていました。
遺体安置所では、ピーターがニールの遺体を見ていました。
ピーターを相手に死んだふりができるのかと。
拳銃の奪い合いでケラーともみ合った時に口裏を合わせて芝居を打ったのかと思ったのですが、ケラーはそんなタマではないですし、そもそも二人だけしかいなかったのだから芝居を打つ必要もないですし。
そうなると、ニールが一人で仕組んだ事だったのだな~と。
ロミオとジュリエットに出てくるような一時的に仮死状態になるような薬でも飲んだのかなと。
ドラマの中でもそんなものがあるのかなと思っていたのですが、心拍数を下げる薬を飲んでいたようで。
実際にそんな事あるのかな~と。あったとしてもかなりリスキーですね。
逆に言えばそこまでFBIを信用していなかったんでしょうね。

そうなってくると、モジーはこの計画を知っていたのかという事が気になります。
同じ泥棒同士と言う事でニールとの普段隠し事はない間柄ですが、
遺体を見た時のモジーの狼狽ぶりを見ると本当に信じていたのかなと思っていました。
ピーターがモジーに消えた2600万ドル?の行方を聞いた時、とぼけていましたが
考えてみると彼も詐欺師ですしやっぱり計画を知っていたのかな~と。
ニールの死の偽装以後、一年経ってからモジーはピーターに別れを告げましたが、
そう考えると1年も我慢していたという事でしょうか。
確証はないのでやっぱり謎のままですね。
最後はパリの街中を歩いているニールのショットで終わりましたが、
無事生きていてよかったという事と、やっぱりニールは泥棒が本分だったという事でしょうか。



















ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!

タグ:海外ドラマ
nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。