So-net無料ブログ作成
検索選択

キャッスル シーズン7 [海外ドラマ]

先日FOXで放送されていた キャッスル シーズン7 終わってしまいました。
以前は、大好きなドラマのひとつではあったんですが。
ちなみに現在ではDlifeでシーズン4まで放送済みのようです。

日本ではまだ放送されていませんが、シーズン8で打ち切られています。
もともとはシーズン9まで続くかどうか未定でした。
しかしシーズン8でベケット役のスタナ・カティックが降板という事で、存続するかどうかという危機に陥りました。
一応キャッスルという冠はついていますけど、実質キャッスルとベケットのドラマですからね。
そのどちらかが欠けるなんてあり得ないわけで。
本当かどうかわかりませんが、降板した理由がキャッスル役のネイサン・フィリオンとベケット役のスタナ・カティックの不仲にあったと言われています。
あまりの仲の悪さにカウンセリングまで受けさせられたとか。
確かにシーズン6の途中で、ネイサン・フィリオンが腰の持病とかで撮影時間を減らしたいから、一時撮影を中断したという話だったんですよね。
今にして思えばそれは建前で、こっちが真相だったのかなと。
ただ単純にTwitterとか見ても、ネイサンとスタナは全く別世界で話がかみ合わなそうだなと思っていました。
ドラマでもほぼそのままのようなキャラクターなのですが、それでもウマは合って息ピッタリという設定でした。
でも現実ではそういうもんなんですね~
視聴率低下で終わったとかならまだ仕方ないんですけど、不仲で終わったとかあまり聞いた事がないので。
あるにはあるんでしょうけど。
そんなもろもろを知った上で観ているから、どうもテンション上がらないわけで。

ただ自分としては野次馬根性丸出しなので、そうなると一体何が不仲の原因だったのかなと。
全く別のタイプの人間だからと言って、ケンカするとも限らない。
ネイサン・フィリオンは他にもいろんな番組に出ていたりバラエティに出ていたのを観たりすると、そんなに悪い人には見えない。
スタナ・カティックは他のドラマでもあまり観ないけど、ものすごく生真面目そうという印象だった。
なのでひょっとしたら演技についての意見がぶつかったのかな~という想像していた。
これもどっちが悪いという事じゃないんですけど。
それからしばらくたってネットを検索していると、原因についてちょっと書かれていた事があった。
それは、キャッスルというキャッスルが主役の番組でありながら、ベケットが主役みたいな事が不満だったという。
噂なのでもちろんまるまる信じているわけじゃないんですけど、なるほどという気もして。
確かにタイトルはキャッスルなんですけど、ベケットは実質もう一人の主役と言った役割はあるな~と思っていました。
もちろんバディものなので、それが普通かもしれませんが。単純にかっこいいんですよね。
ベケットが刑事なのでどうしてもそういう風になりがちなのですが。
でもだからと言ってキャッスルのキャラクターが存在感ないとか役を食われているとかは思わないですし。
キャッスルにはアットホームな家庭があり、そして映画ネタやドラマネタを口にするギークな一面があってユーモラス担当という感じですし。
ベケットは警察署が署員がファミリーと言った感じで実際の事件では彼女が実務的な事をしていますし。
単純にそれぞれの役割だと思っていました。
でもこれでベケットが降板となると、どうなるのだろうと思っていました。
なんとなく別れるとは考えにくく、そうなると前みたく出世による単身赴任とか
やっぱり捜査の最中に殉職となってしまうとか。
そういうのは避けたいですけど、降板どなるとそれなりの理由をつけなければならないですし。
なので不仲説が囁かれていたシーズン7では、すでにそういった片鱗が見えていたんですよね。
キャッスルが結婚式直前に二ヶ月間の失踪とか、捜査の行き過ぎで一度警察の顧問を外されて探偵をはじめちゃったりとか。
そうなると職場が別になってしまうので、必然的に共演シーンは減りますので。
それでも劇中ではアツアツのシーンがあるのだから、人間って恐ろしいな~と。
嫌い同士でもそこまで嘘つけるんだっていう。
原因はこの二人だから仕方ないとしても、他の演者さんは心労が絶えないと言いますか、ものすごい割を食っている気がします。

ベケット降板で今後キャッスルはどうなるんだろうと思っていたら、やっぱり打ち切りという事でした。
そりゃそうだろうねと。
ベケットがどういった理由でいなくなるかも想像つかないし、そうなった後の話も想像つかないですし。
同じ番組だとしても、全く別物になってしまいそう。
そんなギスギスした中でやっていくなら、むしろちゃんと終わらせてくれた方がいいなと。
全シーズン8と言えば、長く続いた方じゃないかな。
はじまった当初は、自分は好きだけど早々に打ち切られるんじゃないかと思っていたので。
メンタリストがシーズン7で終わった事を考えると、こっちもシーズン7で終わった方がキリが良かった気がする。
シーズン7のラスト自体、本当のラストのようにも見えますし。
降板する前のラニとゲイツ警部も出ていますし。
ストーリーとしては、ベケットの母親の事件も解決しているし、トリプルキラーエックスの事件も解決しています。
しいて言えば、キャッスルの父親のくだりかな。
でもあれはあのままそういう人だったという事で終わってもいいし。
マーサはちょっと可哀想だけど。
FBIに絡んだ回もやったしCIAに絡んだ回もやった。
なので、たぶんもうやり残した事もないと思うのでいつ終わっても良かったのかなという気もします。
もし続けばBONESのように子供ができたとか、あるいはベケットが出世したという展開もあったでしょうし。
あとアレクシスがどう身を振るのかとか。
長く続けば変化も必然で。
個人的にシーズン5と6がサイコーでした。

一時はキャッスルにもスピンオフの話もあったりしたのですが。
キャッスルが書いているという小説のニッキー・ヒートがドラマ化するとか、
ライアン役の人が提案したライアンとエスポジートを主役にしたバディものとか。
ニッキー・ヒートはともかく、ライアンとエスポのバディものは観たかった気がします。
でもそうなると、やっぱり二人は12分署を離れてしまうんでしょうか。
今となってはそんな話もないと思うので、考えても仕方のない事かもしれませんが。

キャッスルとメンタリストはミステリーの中でも比較的ポップ?でちょっとコメディ的な要素も多く観やすいドラマだと思うんですよね。
最初に人が死んでからはじまる時点でポップもクソもないんですが・・・w
それでも殺人事件の捜査の割にはキャラクターが明るいと言いますか。
キャッスルはともかく、ジェーンは平然と振る舞っていそうで闇を抱えているかな。
設定上仕方ないかもしれませんが。
キャッスルもシリアスな時もありますし、そういったギャップもまた面白いところじゃないかと思います。

全く関係ない話ですが、浅見光彦シリーズなんかも好きなのでよく妄想していました。
旅情ミステリーなのであまりキャッチーじゃないかもしれませんが、コナンとか金田一少年の事件簿みたくちょっとポップに砕いた感じにするのはどういうのがいいだろうと。
主人公の浅見光彦には雅人という中学生の甥っ子がいるのですが、本編にはほとんど登場してきません。
でもさすがに中学生が事件を解決するのもあれなので、もうちょっと時間をずらして何年か後という設定にして。
大学生か、もしくは探偵というのも考えたのですがで今時その設定もあまり現実的とは思えません。
浅見光彦と同じようにルポライターと言うのもいいんですけど。
父親が刑事局長長官なので、必然的に警官や刑事になるのもいいかもしれませんね。
でもやっぱり叔父さんのように自由人がいいと思うんですよね。
叔父さんに影響を色濃く受けたという事で。
キャラクターが別であれば、旅情ミステリーに縛られなくても済みますし。
そうなると浅見光彦はどうなっているのだろうと考えてしまいます。
やっぱり普通にルポライターを続けて事件に首を突っ込んでいるのか、
あるいはある事件を追って失踪してしまったのか。
もし存続している場合は、光彦は自分の事件を追ったり甥っ子のアドバイザー的な存在になりそうですね。
たまには捜査協力も頼まれたり、あるいはその逆だったり。
もし失踪していたという場合であれば、彼を探すという大きな動機付けにもできますね。
でもそうなったらあの浅見家に暗いムードが漂いそうで。
そういうのは似つかわしくない気もします。

一方でキャッスルでは、アレクシスが検視官の研修を受けた回がありました。
シーズン7ラストでは現在大学生で未だやりたい事が見つからず、身の振り方を考えているようです。
あるいは知り合いの無実を晴らすため、弁護士の助手のような事をしていました。
ただ個人的には検視官の方がしっくり来たかな~という気がしました。
そしてそうなると、先ほどの浅見雅人を主人公とした内容にアレクシスが検視官のクロスオーバーを想像してしまいます。
方や小説、方やドラマというのもあれなんですけど。
でも日本とアメリカで同じ捜査をすると言ったのは無理があります。
もしアレクシスが検視官であれば職場を離れる事はできないでしょう。
そうなると雅人の方がアメリカに出向く事になると思います。
そこで原作の設定でもうひとつ思いだしたのが、光彦の妹である佐和子という滅多に出て来ないキャラクターが登場します。
雅人からは叔母さんに当たります。
彼女はニューヨークに留学中でほとんど登場してきません。
もし数年後だったとしても、やっぱりそのままアメリカにいるんじゃないのかな~と思ったりします。
何をやっているかは想像つきませんが。
そしてキャッスルの舞台も同様にニューヨークです。
雅人が叔母さんを頼ってニューヨークに行き、そこで事件に巻き込まれると言ったのが一番自然な流れではないかと思います。
たぶん警察だったら行けないと思うので、ルポライターの雅人と検視官のアレクシスが主人公の小説か漫画かか、媒体はわからないですけどそういうのがあったら面白そうなんですけどね。
そんな妄想をしていました。妄想だけはただじゃけんね。













ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!

タグ:海外ドラマ
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。