So-net無料ブログ作成
検索選択

DEAD ZONE [海外ドラマ]

僕は、ドリー・スミス。
幸せな毎日だった。
だが意識を無くして6年。
目が覚めると、婚約者のサラは
結婚していた。
息子は、僕が誰か知らない。
全てが変わった。僕自身も。
触れただけで何かが見える。
過去の事も。
未来の事も。
君も見てみたいか。

現在、AXNチャンネルで放映されている海外ドラマ「デッド・ゾーン」
とりあえず、番組の詳しい内容はこちらの公式サイトで。
「スタンド・バイ・ミー」「ショーシャンクの空」「シャイニング」「キャリー」などでおなじみのスティーブン・キング原作の小説のテレビドラマ化。
一度、1983年にデビッド・クローネンバーグ監督、クリストファー・ウォーケン主演で映画化もされています。
とにかく映画版はせつない。
そんなわけで、そのデッド・ゾーンのテレビドラマ化にあたり、とある不安がありました。
原作のあるものをテレビドラマ化して、どれだけひっぱるのだろうと。
原作にはあらかじめストーリーが決まっているため、どんな感じでやっていくのか。
やはり結末は、原作と同じなのか。
大好きな映画だっただけに、さまざまな不安があったのですが、実際観てみるとそれは杞憂でした。
とは言え、先に映画版を観てるため、あのダークな世界観が妙にドラマ的にはなんだか軽いノリに感じられて最初はあまりなじめませんでした。
そしてテレビドラマ化にあたり、かなりオリジナルの設定がされていたりと。
でもそれがうまく功を奏しているように思えました。
介護師で友人であるブルース。ジャーナリストで友人でもあるデイナ。
逆に、原作と同じくサラが無神経でイヤな女に見えます。

それでもデット・ゾーンと銘打ってるだけそこそこ面白く、設定だけを借りたテレビオリジナルのストーリーがほとんど。
実際、本筋とは関係ないオリジナルエピソードの方が結構面白かったり。
プロデューサーが、「スタートレック」シリーズと同じプロデューサーだけあって、精神世界を描くのがとてもうまいように感じます。
同じスタートレック繋がりとして、元婚約者のサラ役は、スタートレック・ディープスペースナインに出演していたニコール・デボアが演じています。
第1シーズンは、原作を妙に引きずっているような感じで、なんとなくオリジナルのテレビドラマとして楽しんでいましたが…。
第2シーズンからが、これがめちゃめちゃ面白い。
その回によってある程度当たりはずれはあるけど、でもどれもこれも個人的につまらなかった回はありません。
そんなわけで、自分の中で好きなエピソードを勝手にピックアップしていきたいと思います。

第18話「6人のドナー」 Precipitate
交通事故に会い、献血を受けたジョニー。それ以後、献血を受けた6人のビジョンを見るようになる。
しかしそのうちの一人が、何らかの原因で死亡するビジョンを見てしまう。
それが6人の誰なのかわからないため、本人を突き止め救い出そうとする。
6人とも、一人一人それぞれ苦悩をかかえていて、一人を救うつもりが結果的に、6人全員を救う事になる。
命を救う事だけが、救いじゃないという事。
なにか組み合わせたパズルのようで、面白い。

第21話「恐怖のフライト」 Cabin Pressure
講演会でスピーチをするために飛行機に乗ったジョニーは、その便が墜落するビジョンを見てしまう。
その事を告げようと、パイロットにかけあうが…。
これは、第2シーズンの中でもかなり面白いエピソード。
デット・ゾーンが何たるかを知らなくても、予備知識なしで楽しめると思う。
まるで一本の映画を観ているようなクオリティ。
ほんとにこういう専門知識のあるシナリオを書く作家はえらいと思う。
もしまだデット・ゾーンを観た事がないのなら、このエピソードを観るのがオススメ。

第23話「死者は語る」 Dead Men Tell Tales
ぼーっと観てると、なんだかよくわからないエピソード。
デッド・ゾーンを観ていないと特に何だかよくわからない上に、もともとちょっとややこしい話。
だけど評判はどうかはわからないけど、実はこれが自分が一番好きなエピソード。
ギャングのボス、ドネガルから娼婦を開放するために、殺そうとする部下のチンピラ・ミッキー。
しかし、ジョニーが現れた事によってその未来が変わってしまう。
とにかく泣ける。せつない。また音楽も余計にせつない。
このシナリオではほとんどミッキーという人物が出てこないのにも関わらず、実はミッキーが主役でとても魅力的な人物に思える。
デッド・ゾーンをある程度観たら、是非このエピソードを観てほしい。

第24話「神の真似事」 Playing God
高校時代の友人ジェイソンが、妹のエリンと共に十数年ぶりに訪ねてくる。
そのジェイソンから心臓疾患で先が長くない事を告げられる。
自分が助かるのかどうか、ジョニーに見てくれと頼まれ手術は成功するビジョンを見る。
しかしその移植される心臓は…。
兄か妹か。人の命は天秤にはかけられない。
こちらもとにかくせつない。というか哀しい。
人を救う事には限界がある。全能でない限り、全ては救えない。
けれどもなさねばならない事もあるという事。
もし自分にその能力があったら、どういう道を選択するのか考えさせられるところである。
アンチ・トゥルー・コーリングのように思える。

第25話「天国の教会」 Zion
ブルースの父親が亡くなった事で、地元の教会にジョニーと共に葬式に行く。
若い頃、実家が教会だったブルースは神父を継ぐ事がいやで、街を出て行く。
父親の遺体に触れる事で、ジョニーではくブルースがビジョンを見る。
自分が街を出て介護師にならず、地元の教会で神父となっている人生を送っているビジョンを。
このもしもの世界を抜け出すために、ジョニーを探すが…。
これも、せつない。父と子の別れのせつない話。
必要なのは、救いではなく許しだったのかもしれないという事。
でもこれ、原作通りの結末が待っており、これを先に見てしまうとネタバレになってしまうかもしれない。

第26話「嵐」 The Storm
友人の妹ケイトを失った事で、家に閉じこもるようになったジョニー。
そんなジョニーを励まそうと、別荘でサプライズパーティーを開こうと画策するブルースやバーディー牧師たち。
渋るジョニーを無理やり連れ出して、なんとか車に乗せるブルース。
しかしジョニーは、嵐が来るビジョンを見る…。
正直、なんだかよくわからない話。
嵐と共に、過去が追ってくる。
自分の責務を捨てようとするジョニーへの啓示なのか。
自分の能力は、偶然持って生まれたものではなく、神により選ばれた使命だったのか。
これだけ観てもあまりよくわからない。のちのちの複線になるのだろうか。

AXNチャンネルで、CSI科学捜査班の直後にやってるんだけど、個人的にはこっちの方がめちゃめちゃ面白い。
にも関わらず、何故にいまいちマイナーなのかちと解せません。
何でも、今はDVDで第1シーズンからレンタルがはじまったそうなので、興味のある方は是非。
これから人気に火がつくかもしれない。

デッド・ゾーン  シーズン1  コンプリートBOX

デッド・ゾーン シーズン1 コンプリートBOX

  • 出版社/メーカー: パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
  • 発売日: 2006/09/22
  • メディア: DVD


たまにこうしてアリィフェイトを置くけど、別に金儲け目的じゃなくて
あくまで便宜上のため。
そもそもこんなもんで儲かるわけがないので。

今まであまりフィギアや人形に全然興味がなかったんですが、事業所のところでフィギアが好きな人が多く
自分も少しづつ感化されてきました。
そんなわけで、前から気になってたFIXの「ZⅡ」買っちゃいました。

この直線的なフォルムがかっちょいい。用事もないのについ眺めてしまいます。
これが自分で唯一のフィギアになりました。
プラモが作れないので、出来合いのもので十分なんですよね。

最近、週末にゲーセンに寄って「ドルアーガ・オンライン」をやって居酒屋というパターンになりつつあります。
ちなみに、ゼオバルガで「ドリオ」名義でやっております。

札幌プラボ店、キャッツアイ新川店、キャッツアイ手稲パボッツ店で、ドリオという名前でインしている人がいたら、それは自分です。

あと自分がたまにブログを書こうとすると、必ずサバが重くなってる法則。


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ

nice! 2

コメント 4

降龍十八章

はじめまして。
そうそう、DS9に出ていましたね。生まれ変わる????人で。
デッド・ゾーン、本当に面白いです。最初ホラーかなんかと思ってみていなかたのですが、再放送から見始めました。
ロストなんかより、100倍面白いですね。(カナダのドラマなので、マナーなのかもしれません)
by 降龍十八章 (2006-09-06 00:25) 

ドリオ

はじめまして。コメント&Niceありがとうございます。
DS9に、出ていたダックス大尉ですね。
最終の第7シーズンのみのレギュラーなので、もったいない気がしてました。
LOSTはエミー賞でノミネートされたり、日本ではガイドブックが出たりしたりして、結構人気はあるみたいですよ。
ただ、話は面白いと思うんですけど、なんだかただ単に話をひっぱってるような感じがして…。
その点、LOSTや24と違って、デッド・ゾーンは設定さえ知ってれば単発で楽しめるのがいいですね。
by ドリオ (2006-09-06 07:40) 

てぃえ

そしてどんどんぼくれぷーだよ化していくのですね…
by てぃえ (2006-09-06 12:07) 

ドリオ

ぼくは、れぷーだよ。
とここで言っても、他から見ると何のネタかわかりませんねw
by ドリオ (2006-09-06 17:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。